お腹周り

【プロ執筆】産後のぽっこり解消!お腹周りダイエットの3STEP

中村 和也

リフレッシュ&トレーニング Retra マネージャー 株式会社 大和縁 フィットネス事業部長

中村 和也

年齢を重ねると気になってくるポッコリお腹。何回ダイエットにチャレンジしても、お腹の脂肪だけ落ちないという経験をされた方は少なくないと思います!

なんでお腹だけ落ちないのか。そんな悩みを、プロのパーソナルトレーナーが解決いたします!

【プロ執筆】産後のぽっこり解消!お腹周りダイエットの3STEP

1)ぽっこりお腹の正体を知!内臓脂肪と皮下脂肪の違いってなんですか?

ぽっこりおなかの正体は、お腹周りについてしまった皮下脂肪と、内臓の周りについてしまった内臓脂肪です。

【1】内臓脂肪・皮下脂肪

内臓脂肪は腹筋の内側の壁の腹腔内についている脂肪で、皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪細胞。簡単に言うと、指でつまめるのが皮下脂肪です。その他の原因としては、姿勢の崩れ、腹部の筋力低下などがあげられます。

【2】脂肪がつきやすい原因って?

内臓を外部からの衝撃などから守るためのクッションとして脂肪が付きます。お腹は肋骨で守られていないために、脂肪をつけて守ろうとするため脂肪がつきやすくなります。

日頃動かすことが少ない場所にも、脂肪がつきやすいという特徴があります。手や脚は日頃よく動かすため脂肪が極端についてしまうことは少ないと思います。しかし、日頃からあまり動かすことのないお腹周りは筋力も低下しやすく、脂肪も付きやすくなってしまいます。

お腹周り(特に下腹部)には、白色脂肪細胞が多く存在します。白色脂肪細胞には、摂取カロリーが消費カロリーを上回った時に、身体に脂肪として貯蔵させる役割があります。そのため、過剰に摂取したカロリーは、腹部に皮下脂肪として蓄積されやすくなります。

2)ぽっこりお腹を放っておく2種類のリスクを教えてください!

【1】健康面

ぽっこりお腹を放っておくと高血圧や糖尿病、また血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する高脂血症などを引き起こしてしまい、それによって動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病になるリスクが上がってしまいます!他にも脳卒中、心臓病、肥満症、便秘、腰痛、膝痛、肩こり、肌荒れ、疲労、冷え性など、様々なリスクがあります。

【2】美容面

姿勢の崩れが原因の場合、内臓機能の低下のリスクがあります。内臓機能が正常に働かないと、新陳代謝が低下してしまうので、肌や爪、髪の毛などの再生に問題がおきてきます。猫背の場合、腸が圧迫されてしまい便秘がちになり、排泄によるがデトックスがうまくできなくなってしまい、老廃物が身体にドンドン溜まっていってしまう恐れもあります。

姿勢が崩れてしまうことで筋肉も正常に使えなくなります。その結果、二の腕やヒップ、お腹周りの脂肪が増えてしまい、見た目的に好ましくない状態になりやすくなってしまいます。

3)お腹回りの脂肪はどうしてつくの?代表的な原因とは?

お腹周りの脂肪がつく原因は複数考えられます。

【1】筋肉の活動量・基礎代謝の低下

まずは、腹部の筋肉の活動の低下。日頃使う事の少ない場所には脂肪がつきやすくなるという傾向があります。そして、筋肉の活動が低下することによる筋肉量の低下も主な原因として考えられます。筋肉量が減ることで、基礎代謝が低下し、摂取したカロリーを解消することができず脂肪として蓄積されてしまいます。

【2】脂質・炭水化物中心の食習慣

食事による栄養バランスの崩れも、お腹周りに脂肪がつく原因となってしまいます。脂肪の代謝には、ビタミンB群が非常に大切な役割を担うのですが、脂質や炭水化物中心の食習慣ですと、うまく脂肪を代謝することができず、脂肪として蓄積させてしまいます。

4)お腹周りのダイエットに効果的!3種類の方法とは?

【1】有酸素運動

脂肪を直接減らす方法をしては、有酸素運動が非常に効果的です。有酸素運動とは、ウォーキングやランニングのことを指します。ウォーキングの強度などは、『ハアハア、ゼエゼエ』と息が上がってしまうよりも、友人と会話しながら行なえるようなペースくらいが効率的に脂肪を燃やしてくれます。継続時間は、できれば30分以上を目安に週3回程度行なえると良いですね。

【2】筋肉トレーニング

並行して筋肉トレーニングも行なうと、基礎代謝もあがり、より効率的に脂肪を燃やしてくれます。筋肉は脂肪を燃やす焼却炉の役割をしてくれるので、筋肉量が多ければ多いほど、脂肪を燃やす量も増えていきます。

【3】食習慣の改善

そして、一番大切といっても良いのが食事習慣です。間違えて頂きたくないのが、食べなければよいというわけではありません。脂肪を燃やすための栄養素が足りず、あまりカロリーは摂取してないのに痩せないという方が非常に多いです。

食事で大切なのは、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素を、バランスよく摂取することが大切です。脂肪を減らしたい方は、たんぱく質・ビタミン・ミネラルを積極的に摂取することをお勧め致します。

5)体質を改善したい!代謝の良いカラダにする為の3つのSTEP

【1】STEP1:こまめに体を動かす習慣を

日ごろから、こまめに動くことを習慣化しましょう。すぐにエレベーターに頼らずに階段を使うようにしたり、休みの日もゴロゴロしてるだけではなく、掃除や散歩などで消費カロリーを増やしてください。こまめに動く事で筋肉量が増え、代謝もあがり痩せやすい身体になります。

【2】STEP2:身体を温める

身体を温める努力をすることも大切です。脂肪は保温効果もあるため、冷えている場所に脂肪を付けて温度を保とうとします。温かいものを積極的に摂取するようにし、シャワーではなく湯船にゆっくりつかるなど、身体を温める習慣を増やしてください。

【3】STEP3:こまめな水分補給

そして、水を飲む習慣も大切です。水を飲むことで血液やリンパの流れが良くなり、身体の循環が良くなり脂肪燃焼効果があがります。血流が良くなることで体温があがり、基礎代謝が上がることで日ごろから脂肪を燃えやすい体質へ変えていく事ができます。

6)腹回りのダイエットに励む読者さんへの応援メッセージ

お腹の脂肪は、身体にとって非常に大切な内臓を守っている為、なかなか落ちづらいかもしれません。しかし、自分のぽっこりお腹の原因をしり、正しく対処することで確実に減らすことは可能です。健康的な習慣を身に付け、理想のお腹を目指していきましょう!

まとめ

1)脂肪の種類をしり、自分の身体の状態を把握する

2)ぽっこりお腹のリスクを知る

3)お腹周りに脂肪がついてしまう原因と対処方法

4)お腹周りの効果的なダイエット方法の実践方法

5)代謝を上げることの重要性

6)運動だけではなく体質改善も大切

中村 和也

リフレッシュ&トレーニング Retra マネージャー 株式会社 大和縁 フィットネス事業部長

中村 和也

骨盤調整と筋力トレーニングを組み合わせた、体調改善+パーソナルトレーニングを得意とする。妊娠中〜産後の女性からの高い支持を誇り、月100本以上のセッションと後進への指導も精力的に実施。
全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことならダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop