体験談

産後1年で-5キロ!レコーディングで痩せた私の体験談

体験談

「産前とまったく体型が変わってしまった」「産後どうやってやせていいかわからない」「自宅で運動しようと思いいろんなDVDを買ったけど続かない」「このままどんどん太っていったらどうしよう」産後にこのような不安をもったことはありませんか?

わたしはまさにすべてに当てはまっていました。そんなダメダメなわたしが、一年で5キロ痩せられた体験談をなるべく具体的にお話します。皆さんにもきっとできます。なにもたいしたことはしていません。

こどもがいてジムやヨガスタジオに通うのは無理、息があがるようなハードなトレーニングなんて一生は続けられない、極端な食事制限なんて続かない、そう思いわたしが選んだのは、レコーディングダイエットと少しの運動でした。

<プロフィール情報>

【ペンネーム】SMAM

【年齢】33歳

【出産時の年齢】27歳・29歳

【出身】大阪

【職業】元高校教師の現在主婦

1)産前のライフスタイル、ダイエットを決断した要因

【1】産前のライフスタイル

結婚前は高校の教師をしていました。休みも少ないハードワークだったので、結婚を機に退職し専業主婦を満喫していました。もともと出不精なタイプで、外出は自炊の買い物にいくくらいそれもほとんどは車移動というライフスタイルでした。

現在五歳と四歳のこどもがいるのですが、上の子を妊娠しているときは安静にしたいという気持ちもあり、ほとんど外出することもなくほとんど家の中でゆったりとすごしていました。

【2】ダイエットを決断した要因

私の場合は二人目出産後に完全に体質が変わってしまいました。食べすぎ、運動不足など要因はありますが、鏡映った自分を見て自分だと気づかなかったほど体型が変わってしまいました。ある日こどもと撮った写真に写った自分を見て、(あ、これはもう完全にヤバイな)と思った時に体重計に乗ると54キロまで増えていました。

同じ頃マンションの人にも「お母さんらしくどっしりしてきたね!」と言われ、主人にも「キャラ変わったよね((笑))」と言われ、いよいよダイエットを決意しました。何より、似合う服がなくなり、友達に会うのも億劫になり、おしゃれもしなくなっていた自分に自分自身嫌気がさしていました。

2)2人の妊娠での体型の変化の違い

【1】妊娠一人目の状況は?

産前は、今思えば運動はおろかストレッチもせず、食べたいものを食べて生活していました。高校生のころから体重も変わることがなく、太りにくいタイプでした。身長155センチで体重44キロでした。決してガリガリではなくナイスバディでもありませんが周囲でも小柄だねという評価でした。

一人目を妊娠しているとき、つわりで3キロ落ち最終的には6キロプラスで出産し、退院するときには-2キロ落ち、残すは4キロでした。産後に産院でトコちゃんベルトを装着していただいたおかげか、産前よりも骨盤回りは細くなり、主人にも「出産してスタイルが良くなったね」なんて褒められていました。

そのあとは、母乳育児と赤ちゃんの夜泣きに付き合い、慢性的な寝不足に陥ったことで、産後半年には元の体重に戻っていました。母乳育児のせいか、食欲がすごくて、毎食白米を二杯食べて、間食にパンを食べていましたが、体重増加はありませんでした。

【2】妊娠2人めでダイエットに苦戦

そして上の子が11ヵ月の時に二人目の妊娠が発覚しました。食欲旺盛なまま妊娠期間を過ごし、二人目の妊娠でもプラス6キロで出産しました。もちろんトコちゃんベルトも装着しました。

ところが、産後半年たちなにげなく体重計に乗ってみると体重がプラス4キロ残ったままだったのです。今回は減るのが遅いなと思いさほど気にしていなかったのですが、その頃から今まで着こなせていた服が似合わなくなっていることに気づきました。

引き続き母乳育児はしていましたが、それにしても食べすぎなのかな?と思い、夕食を抜いてみたり、間食をやめてみたりしたのですが、どうもストレスがたまりまたドカ食いをしてしまうという生活になり、産後一年がたったころには、上半身にも腰回りにも足首にまで肉が付き、完全にがっちりした肥満体型に変わってしまいました。体脂肪率がなんと34%でした。

もう一つ、わたしの体型が変わってしまった要因は、抱っこ紐です。使う人によって千差万別なんでしょうが、わたしの場合はほぼ一日中つけっぱなしだったことや、降ろした後に肩回りや背中のストレッチをしなかったことで、筋肉が凝り固まってしまい、がっちりした体型に拍車をかけていました。

3)ついに産後ダイエットをスタート!実際に試してみた5つのこと

【1】レコーディングダイエット

レコーディングダイエットとは、食べたものをすべて書き出すダイエット方法です。わたしはスマホアプリの“あすけん”というアプリを使いました。アプリに食べたものを入力するだけで、摂取カロリーを計算してくれて、どの栄養素が不足しているかなどアドバイスをしてくれます。目標体重を設定することができ、そのためには一日の摂取カロリーはこれくらいだよと計算してくれます。

入力してみて初めて、気軽に食べていたものがこんなにカロリー高いんだと知ったり、あとは入力するのがめんどくさくて食べるのやめようと思えたりで、わたしには効果的でした。いかに無意識で毎日食べすぎていたのかを知ることができました。

【2】スロースクワット20回

ゆっくりとスクワットをするだけです。YouTubeで正しいスクワットの姿勢を研究し、はじめのうちは鏡を見ながら正確に行いました。最初は3回しては休憩をとる感じでしたが、一日一日できる回数が増えるので、案外楽しんでやれました。

下半身には大きな筋肉があるのでそこを鍛えると脂肪が燃焼されやすいというジムで働く友人の助言を信じてスクワットを選びました。実際下半身はすっきりたし、スクワットをしているとむくみにくいです。

【3】ワンダーコアで腹筋300回

体重は減ったもののおなかはたるんだままなので、腹筋をしました。主人のワンダーコアをリビングに移動し、空いた時間があれば腹筋をするようにしました。毎日300回はしていました。

普通に地面で腹筋を行うよりも負荷が少ないので効果あるのかな?と思っていましたが、腰が痛くなったりしないのが快適でワンダーコアでの腹筋を続けました。始めて一か月ほどでうっすら腹筋が見え始め、そうなると俄然やる気が出ました。継続は力なりだと痛感しました。腹筋は効果が見えるのが早いので楽しいですよ。

【4】逆立ち1分

ダイエットに関して検索すると、よく“逆立ちの効果がすごい!”という記事を目にしました。実際肩回りをすっきりするのにはとても効果がありました。しない日が続くと、二の腕や鎖骨回りが固くなりごつくなるので、やっぱり逆立ちは効果があるのだと実感しています。

【5】ストレッチ

わざわざ時間を作ってストレッチをしようとするとわたしはストレスになるので、TVを見ながら腰を回すストレッチをしたり、(効果は減るでしょうけども)寝る前にベッドの上で柔軟をしています。YouTubeで、ストレッチを検索し、効果がありそうなものを実践しています。

4)減量に特に効果のあったのは、レコーディングダイエット!

【1】極端な食事制限不要!私のレコーディングダイエット術

たしは、結果的に一年で5キロ減量できましたが、レコーディングダイエットが功を奏しました。要はこのレコーディングダイエットのおかげで正しく食事制限ができ、それが体重減少につながったのです。人生初のダイエットを行うにあたり、わたしが強く考えたことは、リバウンドはしたくないということでした。

極端な食べないダイエットやハードなトレーニングをすれば、早く痩せられるでしょう。でも、それを一生続けられるのか。自問自答しました。答えはNO。ならば時間をかけて、無理なく一生続けられる方法で。と、結論付けました。

どんなダイエットがいいのか、たくさん調べました。本を買ったり、ネットを検索したり。その中でも一番参考になったのが、インスタグラムのダイエット投稿でした。

【2】インスタグラムのダイエット投稿に目をつけた

ンスタグラムをダイエット日記として使っている人はとても多く、その中で自分に体格が似た人の投稿を読んでみると、やはり多くの人が自分なりのルールを決めて食事制限をしているということを確認しました。

そしてまずは今の自分がなにをどれだけ食べているのか、確認しようと思い始めたのがアプリを使ったレコーディングダイエットでした。

有名なダイエットなので、きっとアプリがあるだろうと思いダウンロード。毎日入力できるのかなとズボラな私は不安でしたが、毎日メールが届くので忘れることなく入力できました。自分に合った摂取カロリーを計算してくれてそれを守れた日は褒めてくれるので頑張れます。

コースを選択できるのですが、わたしは“食事中心ですごく頑張る”というコースを選択していて、摂っていい一日のカロリーが1200カロリーのときがありました。3食しっかり食べるとオーバーしてしまうので、例えば友達とランチの予定がある日は昼食を多めにカロリーを摂った分夕食を控えたり、夜に宴会がある日は朝昼食を少なめに摂ったりしました。

このアプリを使ってみて、以前の自分は2800カロリー~3800カロリー食べていることがわかりました。それが今では毎日1200カロリー~1400カロリーです。そりゃ痩せますよね。でもおなかがとても空くということはありません。たまにはケーキも食べるし、お酒も飲みます。一年続いていますが、ストレスをかんじたことはほとんどありません。

【3】レコーディングダイエットのポイント

コツとしては、ブラックコーヒーと無糖紅茶はカロリーがほとんどないので、水に飽きた時によく飲みます。ティータイムも楽しめるので、ストレス解消になっています。サラダや海藻もカロリーがとても低いので、かなりの量を食べられます。でもドレッシングとマヨネーズはやめました。少量でもカロリーが高いので。岩塩とこしょうとレモンで食べるようになりました。逆にフルーツは案外カロリーが高いので、朝に少量を食べるようにしています。

5)産後ダイエット中のNG行動

頑張りすぎるのをNGとしました。とてつもなく食欲旺盛になる時期があるのですが、その日はもう思い切って食べたいだけ食べました。体調が悪い日や旅行の時はストレッチもスクワットもさぼりました。続かなくなること、やめてしまうことが一番こわいので、ゆるく続けています。

もう一つ、睡眠不足の日、生活習慣が乱れた時は、食欲が増大する場合が多いです。やっぱり規則正しい生活、質のいい睡眠は大事だと思います。心がけてみてくださいね。

6)まずは第一歩!できそうなことからスタートしましょう!

できるかな?とおもうより、まずはなにかひとつでもスタートさせてみてください!すると、必ず効果が出ます。じゃあ楽しくなってきて、続きます。女性が美しくいたいと思うのは一生のこと。だったら一生当たり前に続けられるくらいのゆるいダイエットが本当におすすめです。少しづつですが、成果は必ずついてきます。わたしもまだまだ頑張ります!

まとめ

【1】減量には食事制限が効果的

【2】ストレッチやトレーニングを合わせると体型をよくするのに効果的

【3】一生続けられるというくらいのゆるさも大事

【4】睡眠時間が不足すると暴食しがちになるので規則正しい生活は大事

【5】少しずつでも効果が出るとダイエットは楽しい

体験談

全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことならダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop