体験談

【置き換えダイエット】産後6ヶ月で8kg減量した私の体験談

体験談

「産後でも素敵と思われるママでいたい。」「赤ちゃんのお世話に追われてダイエットにかける時間がない。」そう思っていませんか。産後ダイエットに悩むあなたと同じ悩みを克服した私の体験談をお伝えします!子育てしながら楽しくダイエットをしてみましょう。

〈プロフィール情報〉

【ペンネーム】 かれん

【年齢】    45歳

【出産時の年齢】40歳

【出身】    鹿児島県

【肩書き】 ライター

 1)産前のライフスタイルは?

 【1】 産前の状況

 産前は専業主婦として自由気ままな毎日を送っていました。一度流産を経験して以降、なかなか子供に恵まれず・・赤ちゃんが欲しい一心で、少しでも身体の状態が良くなるために毎日30分以上、速足に近い速度でのウォーキングをしていました。また、出来るだけ身体を冷やさない食事を摂るよう、食生活にも心がけておりました。

【2】 待望の妊娠

なかなか赤ちゃんの出来ない状況を過ごしていく中で、ようやく待望の妊娠が分かり、天にも昇るような気持ちになりました。

【3】家族の状況

29歳で結婚をして以降、2歳年上の主人と二人だけの生活を送っておりました。私自身、高齢出産で初産という事もあり、妊娠後は体に無理がこないようにとウォーキングもやめてしまい、あまり身体を動かさなくなりました。

【4】産後ダイエットの決意。

もともと身長154cm、体重44kgの小柄な体形でした。妊娠前に行っていたウォーキングをやめたうえ、できるだけ身体を動かさないで安静にしておこうと思い、結局、出産までの間に12kgも体重が増加してしまいました。

出産と共に、自然と体重は減少していくだろう・・と思っていましたが、出産後、いっこうに体重が元に戻る気配がなく、お風呂に入った時やショーウィンドウに写る自分の姿を見て、このままの体形でいるのは身体にもよくないし、子供から見ても少しでも素敵なママになりたいとの気持ちから産後ダイエットを決意しました。

2)産前・産後の体型の違いや体調の変化は?

【1】 産前の私

産前は44kgと一般女性と比べるとスリムな体型をしていました。毎日のウォークングのおかげもあり、特に太るという事もなく、体調も良かったです。

【2】 産後の私

産前と比べて12kgの体重増加をしてしまった私は、出産後も産前と比べると、8kgの体重増加のまま、赤ちゃんの子育てに追われていました。赤ちゃんをお風呂に入れるのも、自分の増えた体重のせいか?ひとつひとつの行動が身体への負担となり、身体的にも精神的にも苦痛を感じるようになりました。

【3】 産後ダイエットを決意

このままではいけない!産後半年が経とうとした時に、産後ダイエットを決意しました。高齢出産ということもあり、自分より若々しいママと出来る限り年齢を感じさせないようなママでいたいという気持ちで、内面共々外見もキチンと管理して挑戦してみようと思いました。

3)素敵なママを目指して3つの産後ダイエットにトライ

【1】食事置き換えダイエット

皆さんご存知のダイエット方法の一つ。食事を1食分、主に夕食をプロテイン食品に置き換えてのダイエットを試してみました。最初の10日間程で、3kgの減量に成功しました。「これなら無理なく元の体型に戻れる!」そう思うと、心がウキウキとして毎日の体重測定がとても楽しみになりました。

置き換えダイエットを開始して1ヶ月になろうとした時には4kgのダイエットに成功をしていましたが、毎日のように減り続けていた体重が停滞してしまい、太りはしないものの減少もしなくなりました。そこで他のダイエット方法も実践してみようと思いました。

【2】お風呂での半身浴

産後は、赤ちゃんのお世話で睡眠時間もまとまった時間がとれないせいか、妊娠前と比べてお肌がくすんでしまいました。お風呂での美容を兼ねて、半身浴をすれば身体にもお肌にもいいのではないか?と思い始めてみました。

38度のややぬるいと感じるお湯を、みぞおちの辺りまでためて入浴をします。私の場合、始めの15分間、目を閉じてゆったりとしながら過ごしました。湯船を出て10分程の間に身体を洗ったりした後、再度15分間半身浴をするといった簡単な半身浴にしました。

体重的には1ヶ月に1kg程度ずつの緩やかな減少でしたが、産後荒れていた肌も続ける毎にとてもしっとりしてきて、赤ちゃんのお世話に追われる毎日のちょっとした息抜きとなりました。

【3】赤ちゃんと一緒に遊びを兼ねたスクワット

赤ちゃんを腕に抱いたまま、足を屈伸のように曲げて伸ばしてと1回辺り20回を目安に1日3~5回スクワットをしてみました。赤ちゃんは上に上がったり下に下がったりの動きに大喜び。私自身も赤ちゃんの喜ぶ顔を眺めながら、引き締まった産前のような自分の体型に戻れることを想像しつつ、とてもワクワクして親子揃って楽しい時間を過ごしました。

初めの1ヶ月程はあまり目に見える成果をありませんでしたが、3ヶ月経とうとする頃には、きつめだったジーンズが両手を入れても緩いくらい、ウエストサイズの方も8cmのサイズダウンが出来ました。

4)自分にとって一番効果のあったダイエット方法は?

【1】3種類のダイエット方法を実行

私の場合、プロテイン置き換えダイエット・半身浴・スクワットをひとつひとつ追加していき、最終的には3種類のダイエット法を実践しながら、6ヶ月で8kgの減量を成功させることができました。

【2】一番効果の出たダイエット方法とは?

以前からテレビやインターネットで目にしていた気になっていたプロテイン置き換えダイエットでしたが、出産前はダイエットを特に考えた事がなかったため、利用することはありませんでした。プロテイン置き換えダイエットであれば、無理な運動をすることもなく、ダイエットのための時間を割く必要もなかったので、忙しい子育ての中でも無理なく実行できたことが助かりました。

水を飲んでいる女性

5)産後ダイエットでの失敗談は?

【1】 早く結果が出ることを求めすぎた私

一日でも早く、1kgでも多く体重を落としたい気持ちが先行してしまうと、結果が伴わない時に頭も体もズシンと重くなるような感覚に陥り、表情まで暗くなってしまいました。1日単位で結果を求めるのでなく、1ヶ月後の〇〇日までのマイナス1kgといった長い目でみた計画を立てるようにしてからは、あまり一喜一憂することもなくなりました。

【2】 世間の話を鵜呑みにしすぎるのは禁物

知り合いのママから「母乳をあげるから何もしなくても体重はどんどん落ちて元に戻るよ!」と聞いていたので、安心をしていたところ、実際はほとんど体重も落ちませんでした。人の言葉を鵜呑みにしてはいけないなぁと思いました。

【3】 スクワット等は自分の軽いと思う範囲で

ついつい頑張りすぎて、少しでも多くスクワットを実践したところ、逆に身体に負担がきてしまい、腱鞘炎となり2か月程整形外科のお世話になりました。何事もやりすぎはよくないと思いました。

6)生活習慣の中で私が気をつけたコト

【1】 野菜を中心にバランスの良い食生活を心がけました

どちらかといえば、お肉大好きな私でしたが、ダイエット中は野菜を中心の食事へと変えました。食事の際は必ず野菜から食べるように心がけました。勿論、大好きなお肉も食べておりましたが、お肉の量を今までの半分の量に抑えるようにしました。

【2】 睡眠の方は赤ちゃんと同じペースで

生後半年という時期で、赤ちゃんもまだ長い時間続けては寝てくれなかった為、赤ちゃんが寝る時間は自分も寝て、少しでも睡眠不足にならないようしておりました。

【3】 妊娠前に行っていた運動を再開しました

妊娠中にやめてしまっていた運動、軽いウォーキングを赤ちゃんの散歩を兼ねて、毎朝30分、夕方30分の計1時間行いました。赤ちゃんも外の景色を眺めてご機嫌で、私自身も外で綺麗な空気を吸って気分良くウォークングが出来ました。

ランニングシューズとタオル

7)リバウンドはしなかった?

【1】 大きなリバウンドはしていません。

リバウンドの方はといいますと、1kg程度増える事もありましたが、大幅なリバウンドはありませんでした。子供の成長と共に身体を動かす事も多くなったので、それが功を奏したと思います。

【2】 現在の状況は、更に2kg減りました。

産後半年で8kg減量した後は、プロテイン置き換えダイエットの方はやめました。そのかわりに、食べる量も「もう少し食べたいけど・・」といった腹八分のところでやめるように気をつけていました。子供と遊びを兼ねて公園で走ったりしているうちに、自然と更に2kg程体重が減り、現在では産後より10kg体重が落ちて、妊娠前と変わらない体型となりました。

8)産後ダイエットを考えている方へ

【1】 焦らずに、のんびりとした気持ちで実行してくださいね

赤ちゃんのお世話だけでもいっぱいの産後ダイエットは、精神的にもとても影響があると思います。赤ちゃんのお世話に影響の出ない範囲で焦らずに、のんびりと楽しみながら、ダイエットに挑戦してみてください。

今すぐ結果が出なくてもいいのです。半年後、1年後といった長い目で見た目標を設定する事が大切だと思います。

【2】 子育ても産後ダイエットも頑張りすぎない

ダイエットも子育ても頑張りすぎないでください。たまには、頑張っている自分へのご褒美として、好きな物を食べて、運動もしない!といった日があっても大丈夫です。1日や2日ダイエットを実行しなくても結果にはあまり影響しません。

頑張りすぎてはきつくなってストレスがたまってしまうだけです。赤ちゃんはいつもママの笑顔が大好きです。ダイエットも子育てもちょっとだけ手を抜いて、ぜひ楽しみながらやってみましょう。

まとめ

【1】 自分に無理のない範囲での目標を設定すること

【2】 食生活と運動をバランスよく行うこと

【3】 たまに1日2日はダイエットも手をぬきつつ、のんびりとした気持ちで挑戦すること

【4】 ダイエットに成功した自分を想像しながら、楽しみつつ実行すること

【5】 リラックスを兼ねた運動を取り入れてみること

体験談

全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことならダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop