体験談

【産後半年で-5kg】娘のおかげで痩せたダイエット体験談

体験談

必要な物は2本の足だけ。私は娘のおかげで痩せました。初めての育児で毎日が手いっぱい、ダイエットに挑む気力なんて無かった私にもできた、それが「娘のおかげダイエット」。自他共に認める面倒くさがりの私が、産後太りを解消した方法をお話しします。

 <プロフィール情報>

【ペンネーム】めーた

【年齢】30歳

【出産時の年齢】27歳

【出身】岐阜県

【肩書き】専業主婦

1)思う様にいかなかった妊婦生活


【1】産前のライフスタイル

産前は、金融業で営業の仕事をしていました。夫と結婚してすぐに妊活を初め、ありがたいことに間もなく妊娠したため、出産までに少しでもお金を貯めようと8か月に入るまで働いていました。

【2】夫との2人暮らしを楽しむはずが・・・

出産までは、夫と2人で賃貸住宅に暮らしていました。私に子宮筋腫の手術歴があり、出産は帝王切開と決まっていたため、産休に入ってしばらくは夫と最後の夫婦だけの時間を過ごして、入院する直前に実家に帰ろうと思っていました。

ところが産休に入って間もなく、胎盤の位置が悪く大出血の危険を伴うという診断を受け、出産までの1か月間、安静状態での入院をすることになってしまいました。運動も禁止されたためにどんどん体重が増え、身長163センチ、体重51キロのまあまあ普通体型だった私は、最終的に63キロまで太ってしまいました。

【3】無事に出産!そして辛かった絶食

予定よりも早い里帰りと入院生活を経て、無事に帝王切開で元気な娘を出産した私。疲れ果てた私に看護師さんは「ガスが出ないと食事が出せないんです」と言い放ちました。

汚い話なので経緯は省きますが、無事にそれを排出するまでに非常に苦労した私は、手術日前日を含めると丸2日半の絶食を余儀なくされました。しかし空腹感に襲われながらも、この時点で私は「これだけの期間食べていなければ、相当体重が減っているに違いない」とほくそ笑んでいたのです。

【4】娘+羊水+胎盤+諸々。計算が合わない!

産後3日目の体重測定。母乳の分泌がなかなか良好だったので、「これで絶食までしたのだから、5、6キロは余裕で減っているだろう」と余裕で体重計に乗りました。その結果、産前63キロまで増えた体重は61キロでした。

 ちなみに出産した娘は2800グラムありました。計算が合いません。娘だけでなく、羊水やら胎盤やらも一緒に出ていったはずの私のお腹の中には、今一体何が入っているというのでしょうか。凹む兆しのないお腹を見ながら愕然とする私の脳裏に、初めて「産後ダイエット」という言葉がよぎりました。

ダイエット前の女性

2)洋ナシ体型と帝王切開の痒みに悩まされて

【1】恐るべき体型の変化

問題は体重だけではない、と思い知らされたのは退院後でした。60キロを切ること無く退院したその日、実家の全身鏡の前で久しぶりに自分の体を見た衝撃たるや。具体的に言うと、元々小さくもなかったお尻が、ゆうに2周り程大きくなっているのです。

元々首周りから鎖骨あたりは肉付きの悪い私が、下半身の豊満さだけを増したその姿は正に洋ナシ。更に伸びきってたるんだお腹の皮がそのまま重力に負け、悲しそうに垂れさがっていました。

【2】骨盤を引き締めたいのに・・・

インターネットで調べた結果、骨盤ベルトを付けて引き締めることが下半身の体型改善に良いと学び、早速産前に用意していたベルトを装着しようとしました。ところが帝王切開の傷跡がどうにも痒く、その違和感に耐えられず早々に外してしまいました。

3)臆病娘は最高のダンベル代わり!連れ歩け!持ち歩け?

【1】ノー運動。堕落の産後3か月

開きっぱなしの骨盤を諦めて、私は産後2か月で実家から夫と暮らす賃貸に戻り、初めての育児に奮闘していました。その頃は大きな買い物は週末休みの夫の車に頼り、運動らしき事も特にしていませんでした。何を食べても母乳が詰まらないという幸運な体質だったため、洋菓子なども普通に食べていました。当然体重は減らず、産後3か月時点での体重は59キロでした。

【2】ベビーカーを拒否した娘が教えてくれたこと

私がとったただ一つの行動、それは娘を抱っこして歩くことです。ダイエットと名乗るのもおこがましいかもしれません。

娘が生後3か月になった頃、首が座ってしっかりしてきた娘との行動範囲を広げるために、ベビーカーを購入しました。ところが臆病な性格の彼女は、ベビーカーに乗せるや否や泣きだしてしまったのです。

その日私は、自宅から1キロメートル程のスーパーまで行ってみようと決めていました。そこで仕方なくベビーカーを諦め、親子共々途中で力尽きるのではと心配しながら、いつもの抱っこひもで娘を抱っこして買い物に出かけました。

母乳をとてもよく飲み、3か月で既に7キロ近くあった娘。食料品を抱え、胸に娘をくくり付け、息を切らせて何とかスーパーから帰りついた時には、腕と足がぷるぷると震える有様でした。ぐったりと玄関に座り込みながらも「これはかなり良い運動になるのでは」と気付いたのはその時です。

【3】更に高負荷を目指せ!おんぶをしながら家事も

抱っこをして買い物に行くだけのことがこんなに良い運動になるなんて、すんなりとベビーカーを使っていたら気付かなかったと思います。それからほぼ毎日、少しずつ用事を作り、娘を抱っこしてスーパーへ通いました。

また同じ頃、抱っこ紐でおんぶをすると、ぐずらずにすんなり寝てくれることを発見してからは、家の中でも家事をしながら常に娘をおんぶしていました。毎日の運動量が増えたために自然に疲れて、娘と一緒に夜の9時頃には眠っていたため、結果的に間食も減りました。

【4】産後3か月からの体重と体型の変化

産後3か月時点で59キロあった私の体重は、それからは1ヶ月に2キロのペースでみるみる減っていき、産後8ヶ月で過去最低の49キロを記録しました。母乳がよく出ていたので、それ以上痩せると逆に体が持たないなと思い、食べる量を調整して50キロ前後をキープするように心がけました。

よく歩いたおかげで、あんなに肉の付いていた下半身は引き締まり、常に娘をくくり付けていただるだるのお腹も徐々に凹んでぺったんこに戻りました。産後久々に会った友達に「出産後とは思えないスタイルだね」と褒められた時の嬉しかったこと!だって私、娘を連れて歩いていただけなんですから。

赤ちゃんを抱っこしているお母さん

4)娘なしではダイエットなんてできなかった

【1】モチベーションを維持してくれる存在

考えてみれば、私にとって赤ちゃんって最高のダイエットパートナーだったんです。少しずつ育って大きくなってくれるから、抱っこをした時の負荷も無理なく段々と上がる。

面倒くさがりの私に、高価な器具を使った地道なダイエットが続けられるとは思えないけれど、唯一の可愛い我が子のためならば散歩に出ようという気が起きる。お腹に乗せて腹筋をしてみれば、私の必死な形相を見て娘が笑う。その顔見たさに頑張れる。

ダイエットのモチベーション維持に一番効果的なことを見つけた、それが私に良い結果をもたらしたんだと思います。

【2】実践したことのまとめ

コツも何もといった荒削りダイエットですが、以下が私の心掛けていたことです。

・とにかく娘を連れて歩く。1キロメートル先のスーパーまで15分で辿り着くペースで、平均すると1日40~50分歩きました。

・買い物を小分けにして、嫌でも毎日外に出る用事を作る。

・お菓子を買いたくなったら、買い物の時にその都度小さなお菓子(10円チョコレートなど)を1つだけ買う様にする。

・娘をお腹に乗せて腹筋、抱っこしたままスクワット、布団に寝かせて向き合った状態で顔を近付け、あやしながら腕立て伏せ・・・など、いかに体を使って娘を笑わせるかを極めてみる。これは気が向いた時にやっていたので、1日に5~10分程度でした。

【3】これだけは気を付けて欲しいこと

体重がどんどん減る事に気を良くして合計で2時間以上歩いた日に、危うく腰を痛めそうになりました。幸いしばらくウォーキングを控えて今では痛みも残っていません。ですが、何事もやりすぎは厳禁。自分の体調と向き合って、歩く距離と時間を調整するべきだったなと反省しました。

5)最後に伝えたいこと

【1】現在の私。リバウンドはしていないけれど・・・

産後もうすぐで3年が経とうとしている現在の私。勿論リバウンドなんてしていません!と言いきりたい所なのですが、実は現在第2子を妊娠中。今回は前回のようにフルタイムの仕事をしていないため、お腹の我が子と一緒に私もすくすくと育っております。

現在妊娠6か月にして既に5キロ増。こればかりは仕方無いとはいえ、果たして2人目出産後、再度のダイエットは成功するのでしょうか。1人目に比べて体力も落ちているであろう2人目の産後に怯える毎日です。

【2】これからダイエットに挑戦する方へ

妊娠前のスタイルを取り戻したい!その思いは産後のママ皆に共通するところだと思います。だけどあまりにもダイエットを意識して意気込みすぎるのは危険です。私の様に面倒くさがりで、熱しやすく冷めやすい性格の方は特に。何よりも大事なのは、続けて取り組めること。赤ちゃんと一緒に楽しめる自分なりのダイエット方法を見つけて、焦らず気長に取り組んでください。

まとめ

【1】外出や散歩をベビーカーに頼り過ぎずに、たまには抱っこで歩いてみる

【2】買い物を小分けにして、できるだけ毎日外出する用事を作る

【3】赤ちゃんが喜ぶことがモチベーションの維持に繋がる!赤ちゃんと一緒に楽しみながら体を動かす

【4】意気込んで最初から頑張りすぎない。節制しすぎない

【5】毎日の習慣の中で自然にダイエットになる方法を見つける

体験談

全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことならダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop